防犯管理システム DEFENDER-X

すべてのセキュリティ機器が過去になる

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 警備代増加が気になっている
  • 既存の防犯カメラでは不安
  • 新しいセキュリティシステムを探している
  • 店舗内のトラブルで悩んでいる
  • セキュリティシステム強化を考えている
  • 社内不正で困っている
  • 既存の犯罪抑止に不満がある
  • 信頼性のあるセキュリティシステムを探している

DEFENDER-Xはそれらのお悩みを解決いたします!

POINT DEFENDER-Xの特徴

タイオンセキュリティが自信を持ってお勧めするDEFENDER-X。
既存のセキュリティシステムに物足りなさを感じている方、ぜひご検討ください。

01 既存の設備を活用

既存の監視カメラで駆動可能、カメラ映像のピクセル自動解析で不審者を事前に検知するシステムです。
リアルタイムで解析を行うため、照合データベースは不要!即戦力として活躍していきます。

02 高精度な自動解析

海外ではソチオリンピックや平昌オリンピック、ロシアワールドカップなどにも実際に使用され、高い信頼度を特徴としています。しかも類似品のない画期的なシステムとなっております。

03 世界で信用される信頼性

海外ではソチオリンピックや平昌オリンピック、ロシアワールドカップなどにも実際に使用され、高い信頼度を特徴としています。しかも類似品のない画期的なシステムとなっております。

SYSTEM カメラ画像から自動解析し、
不審者を事前検知はもとより
記録画像からの事後解析も可能にしたシステム。

不審者を検知すると、アラーム音での通知やスナップショット(写真データ)を保存。

カメラ映像
写真:男性が歩いている

カメラで撮影。

解析画像
写真:歩いている男性の振動を検知したイメージ。振動が紫、青、緑、黄、赤で判別

人の振動成分を分析し精神状態を解析。

検知画像
写真:歩いている男性の振動を検知し、不審者と検知した人物を赤枠で追うイメージ

解析結果から不審者を検知し、赤枠で表示。

01
攻撃性、緊張度、ストレスなど
その他含め50のパラメータで解析

生体は外部からの刺激や前庭器官の反射、感情の変化などにより無意識に「振動」が発生します。
DEFENDER-Xは統計学でまとめた10万人以上の研究データをもとに、カメラ画像のピクセルからキャッチした「振動」成分をリアルタイムで解析し判定を行います。

精神状態を可視化

カメラ画像のピクセルから「振動」成分を解析する技術である「Vibraimage(Vibration image)」は2000年にロシア、2001年にアメリカで特許を取得しています。

特許について
通常のカメラで見た様子と、それをDEFENDER-Xを通し解析した画像のイメージ
02
解析した「振動」成分の
周波数・振幅を色で可視化

身体の振動の回数及び大きさと色を使用しリアルタイムで可視化しますので容易に確認できます。

  • 赤ー活動性、攻撃性
  • 黄色ー不安、緊張
  • 緑ー通常の活動状態、ベストコンディション
  • 青ー安らぎ、平静
  • 紫ー疲労、倦怠

写真:ボストンマラソン自爆テロ犯人映像の解析結果(犯人A逮捕・犯人B自爆)

通常の状態
ストレスを感じた状態
恐怖を感じた状態
攻撃性が高まった状態

DEFENDER-Xは設置が簡単。工事は不要です。

DEFENSER-X 構成 DEFENSER-X 表示例

DEFENDER-Xの構成及び表示例

DEFENDER-X 次世代の防犯セキュリティソフト
DEFENDER-Xが革命を起こします。

群集の中で犯罪を犯す潜在的可能性の高い人物を事前に検知します。
不審者の行動追跡や備考により犯罪を未然に解決することにより抑止力の効果が向上します。
監視カメラ映像はもとより、過去の録画映像からの解析が可能。

特徴

DEFENDER-Xは人の精神状態(感情)を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知します。
既存の防犯システムへの付加も容易で用途に合わせた様々な活用が可能です。 新たな技術で安心・安全な社会作りに貢献します。

  • 不審者を入場時点で事前に検知し備考及び救援要請することにより犯罪を未然防止
    (従来の監視カメラシステムでは犯罪行為の記録しか残りません)
  • 照合データベースは不要、不特定多数から不審者を事前検知
    (犯罪者のデータベース「顔認証・パターン認証」照合方式はデータ外検知は不可です)
  • リアルタイム監視映像はもちろん過去の録画映像からも不審者の検知
    (犯罪者の特定と事件の早期解決及び抑止力に寄与)
  • 既存の監視カメラシステムへの付加が容易で既存のシステムに影響を与えない
    (既存システムの活用が可能のため省コスト導入が可能)
  • 導入用途も多彩。外部及び内部の犯罪防止の強化はもとより薬物による被害防止。
    犯罪が現象する事で犯罪者に対しての早期解決及び抑止力効果が得られます。
運用実績
2014年ソチオリンピックにて導入

秘密保持契約の為ロシアで下記情報のみ公開

参考:ロシア国内で約500システム及び諸外国で約500システム強が現在稼動中。
米国・カナダ・オーストラリア・ドイツ・スウェーデン・スイス・エジプト・ブラジル・ベトナム・インドネシア・中国・韓国・日本

録画画像からの
事後解析例

人間を含む動物の精神状態(感情)を身体全体の振動及び膨大な基礎データによって解析し、不審者とおもわれる者を事前に検知するシステムです。

ボストンマラソン自爆テロ犯人映像の解析結果(犯人A逮捕・犯人B自爆)
  • 窃盗直後の犯人映像の解析結果
  • 不法進入直後の犯人映像の解析結果

活用事例

店舗の入り口、売り場、レジ、セルフレジ付近

外見だけでは分からない感情状態を測定、トラブルを未然に防止

空港

既存のカメラとの併用でゲートのセキュリティ強化

銀行

銀行や店舗などのATM機のセキュリティ強化

店内や倉庫

カメラに設置、不正を未然に防止

イベント会場

展示会や競技試合など大きいイベント時のセキュリティ強化

特許関連

感情の状態と人の振動パラメーターとの直接的な相関(依存)関係に着目し、長期間にわたる開発を要し解析によって感情を可視化する事(特許取得)に成功し、不審者を事前に検知するシステムに応用。

RUSSIA特許
  • 写真:特許の免状
  • 写真:特許の免状
  • 写真:特許の免状
  • 写真:特許の免状
USA特許
  • 出願番号:特願2016-61766
  • 整理番号:P16-010
  • 国際特許分類:A61B 5/11
  • 発明者:ミンキーン ビクトール アリベルトヴィッチ
  • 特許出願人:ELSYS株式会社(ロシア)
  • 特許出願人:ELSYS JAPAN株式会社
  • 代理人:梅澤 崇